【社内近況】「信州美味いもん倶楽部」が発足

エース・リフォーム伊那支店を中心とした社員有志が、新たな社内クラブ「信州美味いもん倶楽部」を発足し、11月18日に第1回の活動を行いました。

 このクラブは、美味しいものが大好きなメンバーらが上伊那・下伊那エリアのタウン情報誌などを参考に情報網を広げ、地元の食文化を楽しみ知識を向上させることで、お客様とのコミュニケーションや社員同士の親睦を図ることが目的です。誰ですか、「ただの飲み仲間でしょ」なんて言う人は!?
 

 活動第1回目は伊那市内の居酒屋「喜楽Q(きらくきゅう)」を訪れました。参加メンバーは4人、会社からの活動補助金は3万円です。

左が蜂の子、右がざざ虫

こちらは「蜂の子」や「ざざ虫」などの伊那谷名物が食べられるお店。珍味以外に焼き鳥や麻婆豆腐なども評判です。
 今回は上記の他に「今日のおすすめ」や中華サラダなども注文しました。

頬張るメンバー
「串ものもウマい!」

お店は大衆酒場の雰囲気で、職人気質の親方と2人の若い衆がキビキビと接客しており、とても居心地が良かったです。倶楽部としての評価は三ツ星満点で☆2.5ポイント。多くの皆さんにおすすめしたいお店です。

次回のクラブ活動では焼き鳥もしくは焼き肉系のお店を厳選中です。

他支店の社員が異動や出張などで伊那谷に来た際は、おいしい名物やお店を紹介し、この地域の魅力をアピールしていく予定です。

地域貢献のために、美味いもん倶楽部は飲み歩きます!

【社内近況】2020年の仕事始めと新年会を開催しました

エース・リフォームは1月6日、2020年の仕事始めと新年会を長野県下諏訪町で行いました。
全支店から社員および取引業者が参加。諏訪大社下社秋宮に参拝して一年間の工事・業務の無事を祈り、新たなスタートを切りました。

全体朝礼

常務の和地と営業部長の野中が訓示を述べ、新しい1年もお客様のために全力を尽くすよう全員を激励しました。

諏訪大社下社秋宮に初詣。美しく晴れた空の下、穏やかな空気の中で参拝し、心を清めました。

社長ビデオメッセージ

社長大谷はビデオメッセージを寄せ、「一人ひとりの力を結集し、前に向かってしっかり足を踏み出していきましょう」と呼びかけました。

餅つき
丸めてぼたもちに
塩原良さんの和太鼓演奏

アトラクションとして、高森町を拠点に活躍している「吟遊打人」こと塩原良さんと、篠笛奏者の愛蓮和美さん、ピアノのいちはしえみさんが素晴らしい演奏を披露してくださいました。

愛蓮和美 さん
3人の演奏

なお、いちはしえみさんはシェアスペース桜咲造の近くでピアノ教室を主宰しており、2016年12月にはさくさく講話にもご登場いただいています。

【第4回さくさく講話】いちはしえみ先生を講師に招き開催

鏡開き
ビンゴ大会

ビンゴ大会では、某有名テーマパークのチケットや松阪牛など豪華景品が並びました。

取引業者様からの万歳三唱
弊社から返礼の万歳

新年会で養った英気は、価値ある仕事を通じてお客様に還元させていただきます。 本年もエース・リフォームをよろしくお願いいたします。

【社内近況】「釣りクラブ」新潟県能生港でタイラバ釣り

エース・リフォーム釣りクラブは11月11日(月)、新潟県能生漁港から釣り船に乗ってタイラバ釣りに挑戦してきました。

乗船した釣り船は、今年7月にもお世話になった日吉丸さん。9月、10月にも予約したのですが、台風などで出港できずようやく「3度目の正直」が実現しました。

出発準備
今回もワンコ同伴で参加できました

朝の5時30分に港を出発しました。

出港、日の出
海鳥を引き連れた漁船

今回は、「タイラバ」と呼ばれるマダイ用のルアーを使った釣りに挑戦。魚の王様ともいえるマダイを手軽に釣ることができるのがタイラバ釣りの魅力です。

ポイントに到着、竿を下ろします

ポイントに着くと、あえて横波を受ける形で停泊。さっそく竿を振ります。すると続々と大物のマダイが食いついてきました。

釣り上げ第1号の真鯛(55cm)
2匹目、真鯛63cm
3匹目、真鯛60cm

このところ苦戦続きだったクラブにとっては、夢のような釣果です。けれど冬の到来間近な日本海は、決して優しくありませんでした。

元気な仲良しコンビ

停泊していても船の揺れはかなり大きく、メンバーの半分は船酔いに襲われました。乗船経験の少ないワンコも例外ではありませんでした。

いつの間にかぐったりなワンコ
仲良くぐったりな相棒
それでも釣れたときはやっぱり笑顔に
まだまだ釣れます
どうだ!
ちょっと小物

 午後から海が荒れるとのことで、12時に帰港。大小の違いはあっても全員が獲物をゲットして笑顔で陸に上がりました。

 冬の日本海は荒れることが多いため、クラブ活動はこれが今年最後と考えていましたが、想像以上の成果に味をしめたメンバーは、「来春もよろしく」と言っていったん別れた船長さんのところに戻って12月の予約を申し込み。好天に当たることを祈るばかりです。

楽しいクラブ活動を続けるためにも、メンバーは翌日から元気いっぱいで仕事に戻ったのでした。

次回も大物狙いだぜ!

【社内近況】クラブ活動「ディズニーを愛する仲間」が発足

エース・リフォームの社員有志が新しいクラブ「ディズニーシーを愛する仲間」を10月に発足し、会社からの助成対象として認められました。10月21日に社員とその家族の女子5人で最初の「クラブ活動」を実施。ディズニーシーを満喫した様子をご紹介します。

往路の車窓から

台風19号の影響を受けていた中央自動車道の通行止めが前日に解除となり一安心。諏訪湖支店に集合し、早朝4:30にディズニーシーへと出発しました。
即位の礼を受けて休暇になった人が多かったせいか交通量が多く、浦安まで休憩を含め3時間を見込んでいたところ、実際は7時間もかかりました。

駐車場から園内へ
入口

ディズニーシーも人出が多く、入場規制がかかるほど。当クラブは当日券を事前購入していたので入場できました。

マウンテンをバックに
スモークチキンも長蛇の列

園内も食べたいものを買うのに 100分待ち、240分待ち状態です。

ビールで喉を潤します
スモークチキンにガブリ
キャラクターと一緒に
骨付きソウセイジをつまみに
似合うでしょ?
ショーは人だかりでなかなか見えず
イケメンばかりのバンド演奏
バンドマンと一緒に
お疲れさまでした!
楽しかったですよ!

園内にいた時間は短かったですが、皆有意義な時間が持てました。「今度は少し早めに出ようね・・・」と、来年の次回活動のことを話し合いながら帰りました。

【社内近況】八王子支店が報奨旅行に行ってきました

第14期の最優秀支店に輝いた八王子支店に会社から旅行がプレゼントされたことを受け、同支店の社員一同は9月5・6日、静岡県伊東へ1泊2日の旅行に行ってきました。
バーベキューや「アンダの森 伊豆いっぺき湖」のアクティビティなどを楽しみ、支店内の親睦を深め第15期への英気を養いました。

最優秀支店への旅行プレゼントは今年から始まった社内制度です。
初日は八王子支店をマイクロバスで出発し、お昼は八幡野ダイビングセンターで海を眺めながらバーベキューを楽しみました。

一日目、行きのバス内で

八幡野ダイビングセンターで バーベキュー

お腹がいっぱいになった後はタクシーでアンダの森に向かいました。

宿泊先のアンダの森へ到着

アンダの森はカラオケ、ビリヤード、パターゴルフ、バドミントンなど14種類のアクティビティが無料で楽しめるリゾート温泉ホテルです。
 バイキングの夕食を味わった後は、ダブルスで卓球大会を開催。佐藤支店長・竹島ペアが優勝し、アンダの森の宿泊券が贈られました。

いろんなゲームやスポーツが遊び放題

二日目は伊豆高原駅周辺で自由行動。買い物や観光地見学、スキューバダイビングなど、思い思いに満喫しました。

二日目は自由行動。こちらは怪しい少年少女博物館
独特の雰囲気を楽しみました
こちらはスキューバダイビング組
水中散歩を満喫
サザエゲットしました!

参加者の感想

「みんなで勝ち取ったうれしい旅行だけに、本気で思い切り、みんなで楽しめた。来年もみんなで行きたくなる、最高の旅行でした」 (佐藤)


「本当に楽しい旅行だったので、毎年行きたいです。八王子支店だけじゃなく、会社全体で行けるともっと楽しそうですね」 (中村)


「楽しかったです」 (青柳)


「今回、企画立案をさせていただいたのですが、みんなが満足してくれたのが嬉しかったです。こういう企画・段取りを組むのもすごく勉強になりました」
(萬歳)


「本当にありがとうございました。次回、来年も行きたいです」 (橋爪)


「八王子支店だけの旅行でしたが、凄く楽しかったです。全支店で行けると更に楽しそうと思いました」 (竹島)


「楽しい時間が過ごせてリフレッシュでき、行けてよかったです。しおり作成も楽しかったです」 (輿水)


「みんなで旅行ができて本当に楽しかったです。ありがとうございました」(山田)


「会社主催でなく、八王子支店の会社貢献度が評価されたものと思います。年に一回は旅したいものです。八王子支店でまた次の旅行に行けるよう皆で力を合わせます。退社された営業の方にも感謝を忘れないでください」 (登坂)


「充実した楽しい時間をみんなで共有できました。素敵なご褒美をいただきありがとうございました」 (大塚)


「旅行の前からワクワク、ドキドキが止まらなかったです。プランからしおりまで全て営業さんが段取りしてくれました。バーベキューやってホテルに着いてめし食って、卓球大会。まるで高校の修学旅行のような感じでした! 『またガンガン売って皆で旅行に行こう!』帰りのバスでは全員が同じ方向を向いていました!」 (野中)

【社内近況】エース・リフォーム「釣りクラブ」が新潟県筒石港へ

エース・リフォームの釣りクラブは2019年9月17日、新潟県糸魚川市筒石漁港で陸釣りを行いました。その様子をご報告します。会社から3万円の助成金をもらっての活動です。
 参加者は9人、この日はもともと同市能生漁港で釣り船を予約していたものの、悪天候のために出港できないことが決まり、代わりに東隣の筒石漁港に向かうことになりました。

県境を越えて糸魚川市に入ると同時に雨足が強くなり、車内には「またか・・・」と重い雰囲気が漂いました。昨年9月の筒石行きでも雨に祟られた記憶が鮮明に蘇ります。

 それでも午前2時、漁港に着く頃には雨も上がりました。一足先に到着して準備に入っているメンバーもいました。

準備作業
「がんばるぞ」

「さあ釣るぞ」と意気込んだ矢先、またまた雨に見舞われる次第。
「誰だ、雨男は…」 と嘆きながら、呆然と漁港を歩き回るメンバーもいました。

木村社員「雨男は誰だ…おれか…?」
雨の中、じっと当たりを待つ信州魂

 それでも木村社員はめげずに魚の食いつきを待ちます。8時過ぎ頃からようやく小雨になり、小アジ等が釣れ始めました。

フグや小アジをゲット
Tシャツも気合十分
寒いので車内から「がんばって」
小アジは次々とかかります
古畑社員は釣れたアジを餌に大物狙い
肌寒い中、熱々のカップラーメンが幸せ
ワンコといつも仲良しな高原社員
小さいながらサバもゲット
「次回はいい出会いがありますように」

 大物に当たることは最後までかないませんでしたが、それも釣り。

 前回の釣行でお世話になった能生漁港の日吉丸さんに10月15日で予約を入れました。今後11月、12月も日本海での荒波の中での釣りを楽しむ予定です。

そのためにも、クラブ員一同は日々の業務に力を込め頑張っていきます。

【社内近況】第15期期首集会を開催しました

エース・リフォームは2019年9月4日、第15期の期首集会を長野県岡谷市内で開催しました。全事業所から社員100人余が出席し、各種表彰や営業部の決意表明、年間事業計画発表などを行いました。

集会後には塗料メーカーによる講習会を開き、弊社のオリジナル塗料「エースコート輝SiⅡ」「エースコート煌mⅡ」について改めて知識を深めました。

「今期もお客様のために!」

社長あいさつ


社長あいさつでは、エース・リフォームのこれまでの歩みを振り返り、さらなる飛躍を呼びかけました。

永年勤続表彰

勤続5年、10年、15年の社員がそれぞれ表彰されました。

成績優秀者表彰

新人表彰

個人最優秀賞は八王子支店の萬歳社員

最優秀支店は八王子支店

支店長佐藤がスピーチ

第15期決意表明

営業部長・野中が全社を代表して決意を発表

今期のエース・リフォームは、以下の3つの行動基準を全支店に徹底して業務を行って参ります。

一、コンプライアンス体制を徹底する

二、迅速・丁寧な仕事を心がける

三、お客様のために「考え」「工夫」し「行動」する

塗料講習会

集会の後、弊社のオリジナル塗料「エースコート輝SiⅡ」と「エースコート煌mⅡ」を供給する塗料メーカーによる講習会が行われました。講習会終了後も担当者に質問をするなど、みな熱心に自社塗料の特性について知識を深めました。

講習後も熱心に質問

八王子支店への“プレゼント”

年間トップの成績を獲得した支店には、豪華な食事が会社からプレゼントされます。

「乾杯!」
部長級が支店社員を接待「おめでとう!」

こうして英気を養えるのも、弊社に工事を任せてくださった多くのお客様あってのこと。社員一同、感謝の気持ちを胸に、これからもお客様のために日々の業務に励んで参ります。

【社内近況】2019年の仕事始めと新年会を開催しました

エース・リフォームは1月5日、2019年の仕事始めと新年会をライフプラザマリオ(長野県下諏訪町)で行いました。
全支店の社員および取引業者が参加。諏訪大社下社秋宮に参拝したのち新年会で英気を養い、新たなスタートを切りました。

諏訪大社下社秋宮
神楽殿で一年の無事を祈願

全体朝礼

営業部長野中が各支店を激励

新年会

職人や仕入先など協力業者も参加する恒例の新年会が開かれました。

海外出張中の社長大谷からビデオメッセージ

社長大谷は全体朝礼で「これからも一日一日を大切にしながらお互いに切磋琢磨し、いい工事、いいサービスでお客様と向き合っていきましょう」と呼びかけました。

「吟遊打人」様の演奏

エース・リフォームの本社がある長野県高森町を拠点に活動する「吟遊打人」塩原良さんと 愛蓮和美(あれんかずみ)さんが今年もご登場。愛蓮さんのしっとりとした篠笛演奏、塩原さんの勇壮な太鼓演奏などが出席者を魅了しました。


愛蓮和美さんの篠笛
塩原さん、 愛蓮さんの太鼓の競演
塩原さんの大太鼓演奏

宴席

鏡割り
乾杯の音頭は塩原さんに
恒例の餅つき
司会の宮本さんが手返しも務めてくれました
ビンゴ大会
万歳三唱、業者様あいさつ
エース・リフォームからの返礼の万歳

新年会で養った英気は、価値ある仕事を通じてお客様に還元させていただきます。 本年もエース・リフォームをよろしくお願いいたします。

【社内近況】エース・リフォーム「釣りクラブ」が新潟県筒石漁港へ遠征

エース・リフォーム社内で精力的に活動しているクラブの一つ、「釣りクラブ」が9月24~25日、新潟県糸魚川市の筒石漁港で海釣りを楽しみました。そのときの様子をご紹介します。

暗い中で準備

参加したのは松本支店の社員および職人さんとその家族の合計7人(プラス1匹)です。
前日夜、業務終了後に松本を出発。
糸魚川市に入った途端、ゲリラ豪雨かと思うほどの大雨に見舞われました。

目的地の筒石漁港に着いたのは日付が代わった未明2時ころ。雨がやむ気配は一向にありませんが、メンバーは「フィッシャーマンに雨なんか関係ない」とばかり、さっそく準備に入ります。

夜食で一息

準備が終わってから、テントの下でメンバー手作りのお弁当を食べて一息。お弁当の中身はいまが旬の栗おこわです。

夜が白み始めても雨は続きます。

みなが寒そうにしているのを見て、木村社員が自慢の手作り鍋を準備してくれました。白菜や豚肉などがたっぷり入ったうどんです。みな体が温まって自然と笑顔に。

具だくさんの煮込みうどん

メガネが曇るほどウマイ!

降りしきる雨をものともしないメンバーたち。信州人が海釣りに向ける執念です。

やむ気配のない雨

静まり返った漁船

この雨では漁もできないのか、漁船も静かに繋がれたまま。
小アジはたくさん釣れるので、釣った小アジを生きたまま餌にして大物を狙います。

生きたアジで大物狙い

餌をつける高原社員

雲は低く垂れこめたまま

大物狙っているんですがなかなか釣れません。皆さんの後ろ姿がどこか寂しそうです。

職人さんご夫婦が、持参のテントを張り、釣ったばかりアジをから揚げにして振舞ってくれました。

釣りたて、揚げたては最高です

古畑社員が「おーい、これは重いよ!」。意気込んで竿を上げたら…立派な海藻が釣れて一同大笑いです。

辛抱強く大物を待つ古畑社員

「すわ大物か!? あら~」

しばらくすると古畑社員はかわいいタコも釣り上げました。

必死で吸い付く元気なタコ

「タコよりぼくの方がかわいいよ!」

最近の釣りクラブは雨に見舞われることが多いですが、みな存分に釣りを楽しみました。

一同笑顔で「楽しかったよ!」

帰路は港から近い立ち寄り、冷えた体を温めて無事に信州へ帰りました。

自宅で調理

釣果はそれぞれ持ち帰って美味しく調理。写真左、小さいながら念願のクロダイは塩焼き、その隣のアジとキスはてんぷら、右の小アジはから揚げでいただきました。


釣りクラブ関連記事

魚津遠征(2018年4月) 能登島遠征(2017年11月) 釣りクラブ発足(2017年7月)

テレビ信州「WORK わくナビ」でエース・リフォームが紹介されました

2018年9月22日(土)朝のTSB(テレビ信州)「WORKわくナビ」でエース・リフォームが紹介されました。

下記リンク先でも視聴できます。

9月22日放送:エース・リフォーム
https://www.tsb.jp/tsb-bangumi/wakunavi/180922/

(※動画が再生されにくい場合は、使用ブラウザの変更などをお試しください)

 

ご当地アイドル「パラレルドリーム」のメンバーが県内企業の仕事を体験するこの番組。エース・リフォームにはゆいさんが来社してくださいました。
営業部長の野中は、「お客様を説得するのではなく、納得していただくのが一番重要なポイント」とゆいさんにご説明。続いて伊那支店の野澤が、サンプルを使って外壁塗装の施工手順をご説明しました。

 

 

レクチャーを受けたゆいさんは、さっそくお客様役の野中を相手に営業業務を仮体験。「(常備)色は35色あります。…おすすめは赤い色です!」と、ご自身のイメージカラーをアピールしていました。