八王子支店の長岡翼社員がスノーボード大会で準優勝

エース・リフォーム八王子支店の長岡翼(たすく)社員が、4月18日に行われたスノーボードの全国大会「第5回かぐらクロスチャレンジ(男子オープン)」(新潟県湯沢町かぐらスキー場)で準優勝を収めました。
これを祝し、5月15日に本社から報奨金の贈呈が行われました。

同大会は東日本大震災直後からスタートしたチャリティー大会で、アマチュアからトッププロまでが参戦する国内でも大規模な大会です。

長岡選手は栃木県出身のプロスノーボーダー。白馬や野沢温泉などをホームゲレンデとし、国内外の大会に出場してきました。これまでにJSBA(日本スノーボード協会)関東地区大会1位、鹿島槍オープンクロスゲーム 2位などの成績を上げています。
【→長岡翼プロフィール
選手活動に理解のある企業で働きながらトップを目指したい、との理由でエース・リフォーム八王子支店に入社しました。

弊社も長岡選手をバックアップする体制を整え、報奨金を贈ってさらなる活躍に向け激励を行いました。
同僚たちから祝福を受けた長岡選手は、「仕事でも試合でも成果を上げ、オリンピックを目指したい」と意気込みを語ってくれました。

長岡02 長岡01
試合の様子 賞状を手にする長岡選手
150515長沼翼表彰 本社の和地室長が報奨金を贈呈、激励の握手

長岡選手の活躍は飯田下伊那で4万部を発行するフリーペーパー「月刊まじめ」5月号でも紹介されました。
月刊まじめ5月号長岡記事

エース・リフォームは、こうした社員個人の努力や社内の「部活動」を積極的に応援しています。